看護婦求人サイトを上手に利用しよう!

口コミ・評判をチェック!良いサイトを利用しよう! >>>看護師 求人情報 比較ランキング<<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院勤務の看護師の退職金は?

退職金制度は一般的な企業における場合と同じように、

長年勤務したことによる功労・慰労的な存在として退職後に一時金を支給する制度です。





看護師の退職後の人生設計においても重要な要素の一つですので

就業の際はその存在と内容に注意することがベストです。





その多くは、そういった制度があることを就業規則、

働く前の雇用契約を成立する段階で規定されているものです。





しかし法的根拠としては、規則や契約でしっかり規定されている場合には支払われることになる特徴があり、規定されていないと支払い義務はなくなります。





ただ制度を確立している多くの病院やクリニックも存在するため、就業の段階で退職金制度の内容までを確認しておくことは肝要です。






また現在はその制度があっても、

病院の経営状態においては将来、支給されなくなるという制度変更もある可能性もあります。





そして勤務することとなる病院やクリニック等によっては

大体早くて1年~遅くても3年~支払われることが多いです。






しかも勤続年数によって、金額が上積みされる性質もあります。




相場に関して言えば、「毎月の基本給×勤続年数」で設定されることも多く、

3年であれば仮に毎月の基本給が20万円なら、60万円です。






その他にそれに業績分も加算されるケースもあります。




そのため、勤務する段階で事前にそういった制度があるのかどうかと

どのくらいの一時金が支給されるかも選定条件の一つになります。





ちなみに一般企業では、勤続年数が3年~と決定していることも多く、仮に1年~と決まっているケースでは、看護師でもかなり就業に関しての条件が良いと判断することも出来ます。





最近では、雇用側の病院によっては、社外積立型の退職金制度や退職共済制度を活用しているケースもあり、その支給に対しての制度を確立しているのをよく見かけます。





もちろん看護師専門の求人サイトにおいても、そういった退職時の一時金の支給される病院やクリニック等の求人情報を多く扱っております。
スポンサーサイト

強い精神力と専門性でチャレンジしたい新卒での精神科勤務の看護師

精神科の看護師には、経験値の高さが求められます。


経験を積む


なぜなら、体の病気と比して心の病気は、症状がその人ごとに多様であり、どういった病名に該当するのか、どういった対応が必要なのか、学校で学んだ知識やスキルだけでは対応が難しいためです。





もっとも、だからといって経験ある人材しか採用しないわけではありません。若い人材を育てなければ、経験ある人材は得られないからです。





一方、仕事に就く看護師の立場からいっても、精神科を専門にしたいと思うなら、早い段階からスタートして経験を積むことが肝要です。





豊富な症例に接することで、どんな患者さんにも自信をもって対応することができるようになり、患者さんやそのご家族に安心や信頼を得られるようになることでしょう。





経験が重要となる診療科であることから、地域の専門病院など即戦力を求める病院では、一定年数以上の経験を積んだ中途採用のみしか求人が出ないこともあります。





一方、大学病院や、国立病院などでは、規模も大きく研修システムや人材育成のための指導者も豊富なため、新卒の採用も行っています。






まずは、こうした新卒採用のある病院で研鑽を積み、大規模病院で充実している資格取得支援制度などを利用して、精神科の専門看護師の資格などを目指してはいかがでしょうか。




セルフイメージを高める努力


ストレスに強くなる、メンタル的に強くなるには、経験だけでは難しいこともあると思います。日々のセルフイメージを高める習慣を持つことも大切になります。

参考ブログ記事 ⇒ http://www.xn--p8jxcjcmhwg49bofqb2nua41ef386a6ql681iyq7am57bej8c.com/blog/jibunsuki/


セルフイメージが高まれば、ストレスやメンタル的に強くなることにつながります。それが自信にもなり仕事への好影響となります。


さらに、職場での人間関係にも好影響になることも確かです。




そして経験やスキル、セルフイメージが高まったところで、より専門的な仕事や収入のアップを目指して、地域の専門病院などに転職するというキャリアプランも描くことがでることになると思います。


給与アップ看護師転職

看護師の仕事は、かなりの負担をしいるものです。



せっかく憧れの看護師の仕事に就くことができたのに、こんなにしんどいものとは思いもしなかったと感じている看護師も多いことでしょう。




苦労の見返りとして、給料がそれなりにあれば納得もできるでしょうが、今の給料に疑問をもっている看護師も多くいらっしゃいますよね。




もっと給料がアップできる勤務先に転職したいと考える看護師はたくさんいらっしゃいます。




看護師自体の給料は、一般女性OLなどと比較するとかなり高い水準にあります。




しかし、人員不足の中でシフトも窮屈、毎日残業続きの激務に見合うだけの給料を本当にいただいているのかと感じてはいませんか?



中には自分の給料に納得している看護師もいらっしゃるでしょうが、さらなる待遇の改善を希望する方も多いのではないでしょうか。




給料をアップさせるには、高額の勤務先へ転職することが一番の早い方法です。

慢性的に看護師不足が続いているなかでは、好条件の求人も多く出されています。




看護師の仕事は、その内容や勤務先によって大きく給料が異なっているのが特徴です。




好条件の求人を探し出すには、看護師専門の転職支援サイトを活用することが確実です。

専門サイトには、非公開の求人も多くだされており、さまざなな選択肢から選びだすことができます。




信頼できる転職支援サイトを利用して担当者に相談をすることがおすすめです。

担当者は親身になって相談に乗ってくれます。また今後のことについてのアドバイスもしてくれます。


看護師求人サイトからの求人の提案

看護師求人サイトの担当者の提案は、転職者の希望と今までのキャリアや経験から提案をしてくれる求人です。



しかし、そこには問題があります。



その提案をされた求人に応募をしようとした場合に、転職側の意識の薄さです。



言われたから応募してみてもいいかな~。という感じで応募をすると、どこか他人事になってしまいます。



そのため求人先に、伝わってしまうことになります。そのため看護師求人サイトの担当者が頑張ってくれっとしても不利になってしまう場合があります。



それならば、最初に他にも2~3気になっている施設があることを伝え、応募先で採用を勝ち取るように力を入れるべきです。



なぜならば、面接の時に、採用担当者が、本当にうち来たいと思っているの?と担当者に聞かれることが少なくないようです。当然、看護師の立場からすると、提案されてよさそうとは思うけれど、自分で選んだわけではないし・・と考えがちです。



採用側に熱意が伝わらなければ、条件交渉もできないのです。



通常は、面接時で給与等の条件などは、交渉しないのが一般的です。もし面接時に給与等の話をしてしまうと、「この人はお金だけなの?」と思われても損です。



双方で、OKとなってから条件交渉となるのが一般的です。



提案された場合の求人に応募する場合には、もっと採用されるように意識を高く持って望むようにしましょう。



それがいやであれば、中途半端な気持ちになるような求人には応募をしないというほうが懸命でしょう。



看護師の転職での採用の基準?

看護師の転職は、人手不足のこともあり、採用されやすい状況ですが、

その採用されやすい状況に一役買っているのが看護師求人サイトの利用でしょう。

今の職場を辞めずに、転職活動ができ、内定が出てから、今の職場へ退職をするというパターンが増えています。

採用されやすいからと言って、転職活動をいい加減に行っては、採用されないことは確かです。

採用側が最も、大切にする点は、何でしょう?


当然、即戦力、優秀さということも採用の基準になりますが、その前に、この人と一緒に働きたいと思かどうかが大切になります。

そのためにはどうすべきかということですが、なかなか難しいものです。

一つの方法としては、相手のことを好きになるように工夫をすることです。

応募先の病院について好きになるように努力をすることです。

自分がやりたいことや、自分の能力についてアピールをすることも大切ですが、

この病院が好きとアピールをすることが好感を持たれることになります。

転職をするならこいうアピールの仕方についても、看護師求人サイトの担当者よりアドバイスを受けて転職活動ができることも大切になると思います。

看護師求人サイトをいろいろチェックして選びたい方はこちら>>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。